man are so sad

スグに治せる

yellow potion

性病の対策にはクラビットの治療薬がオススメ!

菌を持っている人と2回ヤレば感染する可能性はほぼ100%、というのがクラミジアの特徴です。クラミジアは1回のセックスでの感染率が50%超。喉に感染するタイプのクラミジアも増えており、なお感染者の数は増え続けています。確率が高いうえに目立った症状が出ない場合が多く、特に10代、20代にフォーカスを合わせると、10人にひとりの割合で感染者がいるというデータもあるようです。
しかし、そのような厄介な性病であるクラミジアですが、現在では治療する方法は確立されており、予防方法もちゃんとあります。もし感染してしまっても治すことができるし、方法さえ知っていればほぼ確実に予防することも可能なのです。その方法について、見ていきましょう。

カギになるのはジスロマックという医薬品です。この薬は、クラミジアの原因となる菌を叩き、増殖を抑え、最終的には残らず完全に消し去ることができます。菌に対する効果を持つ「抗菌薬」です。
クラミジア菌の他にもさまざまな細菌に対する効果があるとされている優秀な薬ですが、特にクラミジア治療に役立つものとして知られています。
ジスロマックの他にも、クラミジアに対する抗菌薬としては昔から使われているクラビットなどもありますが、ジスロマックはクラビットより飲み方が簡単で効果が強く、予防効果があるという利点を持っています。ほんの3日間ほどのめばそれで治療を終えることができるという簡単な薬であり、しかも性行為の前にのんでおけばもし相手が感染者でもそれを防ぐことができるのです。

注目サイト:クラミジア情報まとめ

薬をのむべき時

man crying

どのような症状が出た時、ジスロマックのお世話にならなければならないのでしょうか?ここでは、クラミジアの最初の兆候となるさまざまな自覚症状について男女別にまとめています。

この記事の続きを読む

3日間の服用でOK

sad man

ジスロマック500mgを3日間服用することで、クラミジアは完治させることができます。有効成分アジスロマイシンが7~10日ほどかけて体内をめぐり、細菌をすべて死滅させます。

この記事の続きを読む

クラミジア予防の方法

yellow pack

ジスロマックはクラミジア予防に役立つ薬ではありますが、しょっちゅう使い続けると耐性菌ができてしまうこともあるので、より確実な予防方法であるコンドームを使うようにしましょう。

この記事の続きを読む